メニュー
オンライン学校説明会

保護者からの緊急連絡

事務室からの連絡

高崎市東貝沢町三丁目4番地
TEL 027-361-7000  
FAX 027-364-6148

ge-takashou@pref.gunma.lg.jp

 
COUNTER33834

高商の歴史

本校の沿革

明治35.11.29 高崎市立商業補習学校として認可され、高崎市宮元町に設置される
明治41. 5. 4 文部大臣から高崎市立甲種商業学校として認可される
大正 7. 4. 1 群馬県に移管され、群馬県立高崎商業学校と改称する

昭和23. 4. 1 学制改革により群馬県立高崎商業高等学校となる
昭和23.10. 5 定時性課程(商業科)が設置される
昭和45. 9. 1 高崎市貝沢町1970番地に校舎を新築移転する
昭和63. 4. 1 商業科、情報管理科、商業英語科が設置される

平成 4. 4. 1 商業科男子1学級減となる
平成12. 4. 1 学科転換により、流通ビジネス科、国際ビジネス科、情報ビジネス科が設置される
平成14.11. 1 高商100周年記念式典を実施
平成24    創立110周年を迎える


昭 和 27 年 頃

昭 和 31 年 8 月

現 在 の 校 舎


 

校章の由来

 当初は、白布に校名を縦書きした吹流式の旗を用いて学校の標識とした。

 時勢の進運に伴い生徒の精神帰趨の目標となるべき学校精神を表現した校旗の必要なことを

痛感され、 時の校長松村明俊氏は親しく市内有志を歴訪して寄付を仰ぎ、明治43年5月4日

本校開校記念日を卜して之を設定した。

  校章は商神マーキュリーの翼の生えた帽子と二匹の蛇の絡みついた使節杖を表象し、下部

左右のローマ字「T」は高崎、「C」は商業を意味する英語の頭文字を表したものである。